夏の終わりに

最近の恥ずかしい話



ここ最近の出来事。暑さのせいか歳のせいか、ものわすれが激しいなぁ。

今まではひとつ行動をして、目の前に別のことが入ってきて…それをやりだしたら前のことが忘れていて慌てるとか、
「あっアレしなきゃ」と思って立ってその場所へ行ったら「なんだっけ?」ということがたま~にあるくらいで。

それなのに、先日本当に恥ずかしい思いをするくらいの”ものわすれ”をしてしまった。

とある場所へお出かけした時に、大好きな出店がい~っぱいあった。
いっぱい悩んで悩んで、お店を決めて買いました!

「串焼き」やった~っと思って、先会計! 
提供してくれる前に、焼いてくれるので、その間に周囲に目が…

『わっ、お好み焼き!』って足はそっちに向いていて、お好み焼き購入!
一緒にいた旦那に、「さっき買った串焼きはどうしたの?」
「ん?アレ?あ~!!!受け取ってないじゃん」と思って振り返ると…
優しい出店の店員さんが持ってきてくれました!

ものすごく恥ずかしかった。

ただ、話はこれでは終わらない。
その串焼き美味しくって、ほかに串焼き屋さんがどこにもなかったから
1時間以上たったあとまた買いに行きました。

そしたらなんと、その店員さんはっきり覚えててすっごく満面の笑みで「いらっしゃい」

その一言で、お顔まっかっか。
恥ずかしいよ、自分。

忘れ物も恥ずかしいけど、ものわすれ…歳は取りたくないなぁ。


ブラインドタッチができるようになりたい



パソコンを使い始めて、10年ほど経ちます。
ほとんど我流で使ってきたので、かなり効率悪いやり方をしていたり、
実は常識といえる使い方を知らなかったりすると思います。

でも、今のところ特に支障は無いので、
このまま我流で使い続けてもいいかな、と思っています。
特に私の場合は仕事でも簡単なワードとエクセルを使うくらいで、
専門的な知識は必要ないので、新たに勉強する気にならないのです。

ただ、やっぱり憧れるのはブラインドタッチです。
私も何となくはキーボードを見ずに文字を打つことは出来るのですが、
全く見ないで打つのはちょっと厳しいです。

それに、そもそも見ていても毎回のように間違えて打ってしまう文字があります。
苦手なキーというのでしょうか、どうも打ち間違えてしまうのです。

特に苦手なキーが「P」です。
小指で打っているのですが、「@」と間違えて打ってしまうことが多々あります。
普通の日本語を打っていたら「P」はあまり打つ機会はありませんが、
メールアドレスを入力するときは必須です。
必須なのに、ほぼ毎回打ち間違えてしまいます。

また、今気づきましたが、
その隣の「O」も同じく苦手なキーでした。
げんにさっきも打ち間違えました。

ブラインドタッチへの道は険しいです。